製品名

ペースト印刷検査器(TD-6A)




用途

SMTにおける印刷されたソルダペーストの高さ・面積・体積・位置ズレを 高精度に測定する検査器です。




特長

  • ●スリットレーザーを走査させ画像を取り込み詳細なフル3Dグラフィクが得られます。
  • ●照明を1677万色に可変可能なカラーマルチLEDの採用により、様々な基板で正確な測定が行えます。
  • ●ガーバーデータ変換プログラムにより、検査データの作成がスピーディーに行えます。
  • ●2D/3D併用により、目的に応じた測定項目を選択できます。
  • ●日々の測定で得られたデータより、SPCデータ解析が行えます。(オプション)




製品仕様

項目 仕様
型式 TD-6A
検査 内容 印刷位置ズレ、印刷面積、印刷高さ、印刷体積
基板そり範囲 ±3mm
測定可能範囲 横5.85mm 縦4.39mm 高さ50~300μm
測定分解能 約5.2μm
計測判定機能 カラー画像処理による自動計測。
予め設定した基準値との自動良否判定機能。
速度2D 1視野1秒 (5.85mm×4.39mm)
速度3D 6立方mm 7.5秒 (分解度5.2μm×20μm)
検査データ作成 ティーチング データ数150フレーム
基板 ガーバーデータによる作成も可能
検査データ出力 テキストファイル出力 SPC解析ソフト(別売)との組み合わせも可能
基板寸法 基板外形 50×50mm~250×330mm 基板厚 0.5~3.0mm
検査可能範囲 240×320mm
光学部 光源1 同軸照射 RGB LED (1677万色)
光源2 斜め照射 RGB LED (1677万色)
光源3 赤色半導体LASER
カメラ 高速高解像度カラーカメラ
カメラ視野 6.5mm×4.9mm
高さ測定原理 レーザスリット光による光切断三角測量 照射角45℃
面積測定原理 カラー画像処理
レーザースリット 赤色半導体レーザー 幅8mm×10μm
安全規格分類 レーザの危険度による分類:クラス3B
筐体 基板クランプテーブル 基板つかみしろ3mm 両面クランプ可能
X軸 ストローク260mm
Y軸 ストローク340mm
Z軸 ストローク±5mm
外形寸法 幅500mm 奥行690mm 高さ320mm
システム 高速画像処理コンピュータシステム内蔵
重量 45kg
電源 AC100~240V 50~60Hz 450VA
インターフェース ユニバーサルシリアルバス USB×2
キーボード入力
マウス入力
モニター出力
  • ※ 掲載の仕様は、改良のため予告なしに変更することがありますのであらかじめご了承ください。



【その他】

レーザの安全基準については「JIS C 6802」(IEC 60825-1)に準拠します。
レーザ光などの光学処理により計測を行っているため、次のような場合は、正確な計測が行えない場合があります。
 a) 鏡など極端に光沢(反射)のある場合
 b) ガラス、透明なレジストなど光が下に透過する場合
LED・レーザ保護の為、1分間点灯していると自動的に消灯します。




ダウンロードよりID登録が必要になります。
ID登録、ログインは 【ダウンロード】 から実施して頂けます。