血糖値測定器 SD Gluco Navii NFC システム

1.NFC Technology を利用したU-HealthCareシステムに対応

▶ GlucoNavii NFC(グルコナビ NFC)に保存されている血糖データーを スマートフォンのGlucoNavii(グルコナビ)アプリを用い、データ管理・共有することで、ご家族と一緒に血糖管理が可能です。

▶スマートフォンの GlucoNavii(グルコナビ)アプリにより血糖、インシュリン及びデーター管理、音声メモ、グラフ分析、E-mail、又サーバーを使ったデーター共有が可能です。

Google playからGlucoNaviiアプリ或はSDBiosensorsを検索ください。

2.専門医向けPC用 GlucoNavii® DMSプログラム

▶ 患者個人の固有IDが登録されたGlucoNavii NFC血糖測定器を、NFCリーダにかざすだけで患者データーが識別・転送されます。

▶ 専門医が患者の血糖測定値を分析し、診療に役立つ多様な情報を提供します。

3.医療機関に最適 GDH-FAD 酵素血糖測定検査電極

- 多様な血液サンプルの測定が可能(毛採管血、静脈血)
- 二糖類、多糖類、マルトース、ガラクトース、lcodextrinなどの30種類の干渉物質および、 血液中の酸素飽和度の影響を受けづらい方式です。
- 赤血球容積率(HCT)範囲0%~70%の広い範囲で測定値できます。

正常な赤血球容積率の範囲は35%~55%間です。
高い赤血球容積率は新生児、脱水症患者から見受けられます。
低い赤血球容積率は妊婦、貧血症、腎不全症、癌患者等から見受けられます。




4.インスリンユーザー向けの血糖測定器

Smart Meal Mark Technology により食前/食後の血糖値を簡単に分けてて保存できます。




  • ●血糖測定後、リンゴマークを押すことで
     食前/食後を区別して保存します。
  • ●個別測定値だけではなく
     食前/食後 7,14,30日の平均値が
     自動的に計算され、計画的な
     血糖管理が可能です。



製品仕様

測定方式Electrochemistry Method
酵素GDH-FAD
測定時間5 sec
血液量0.5μl
血液種類Whole Blood (Capillary & Venous)
補正方式Plasma Reference
赤血球容積率(HCT)範囲0%~70%
メモリ300個
測定範囲10~600 mg/dL
サイズ/重さ48x90x15(mm) / 50g(乾電池含む)
データ転送方式NFC Technology
Smart Phone Application (Downloadable on Android OS)




ダウンロードよりID登録が必要になります。
ID登録、ログインは 【ダウンロード】 から実施して頂けます。